ライフスタイル

自転車シェアリングからカーシェアまで:便利な都内の移動手段:観光客も使えるよ

都内の移動手段はバスや電車だけではありません。乗り捨て可能な電動自転車や1人乗り用電気自動車など使い方次第ではお得にしかも早く移動が可能な手段が沢山あります。

毎日の通勤に使えるものから、観光客でも利用できる移動手段に関するサービスをまとめました。

 

自転車シェアリング 

どんなサービス?

電車を使うほどの距離じゃないけど歩くには遠いところや、電車を何本も乗り換えないと行けない場所にいくとき、そんな“ちょい乗り”に便利な移動手段が自転車シェアリング(レンタサイクル)です。

今回は都内最大規模の貸出しエリアを誇る株式会社ドコモ・バイクシェア(NTTドコモ関連会社)運営の「自転車シェアリングサービス」をご紹介します。

自転車

東京都内7区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、渋谷区にある約333箇所(2017/10/1時点)に設置されたポートと呼ばれる自転車置き場で自転車を借りて、どこのポートでも返却できる(乗り捨て可能!)都内最大のレンタサイクルのサービスです。自転車は全て電動自転車。坂道も楽々です。ほとんどのポートは24時間利用が可能です。

<ポートマップ>

サイト:東京自転車シェアリングのポートマップ

GPSに対応して近くのポートを検索できるアプリもあります。
https://moduleapps.com/app/d-bikeshare/

どうやって借りるの?

事前に、Webで登録するか、もしくはポートにある有人窓口・無人登録機で会員登録すれば都民でなくてもその日のうちにサービスを利用することができます。(年齢制限、身長制限あり)

いくらくらいするの?

料金プランは以下の通り。

・1回会員:最初の30分150円(以降30分毎100円)
・月額会員:2,000円/月(何回でも30分以内の利用が無料。30分以上の利用の場合30分毎100円)
・1日パス:1,500円/日

利用シーン例

たとえば、築地でお寿司を食べて、その後にお台場に観光へ行く場合、

電車の場合:
 築地市場駅(大江戸線)~ 汐留駅 ~ 台場駅(ゆりかもめ)の移動となり、
 所要時間は約40分、電車賃は合計で500円になります。

レンタサイクルの場合:
 築地の朝日新聞東京本社ビル前のポートで自転車を借りて、
 お台場駅の近くのポートに返却すると、
 所要時間:40分前後
 費用:30分以内の到着なら150円、60分以内の到着なら250円
※築地~お台場は約7km。自転車時間だと約40分程度

築地~お台場のルート図
築地からお台場の自転車のルート
※地図上の時間は徒歩の時間です。

電車と違って街の風景を楽しみながら移動できるのも魅力です。健康にもよさそう。

□公式サイト:http://docomo-cycle.jp/tokyo-project/

Times Car PLUS × Ha:mo(タイムズカープラス×ハーモ)

どんなサービス?

Times Car PLUS × Ha:moはトヨタの一人乗り用電気自動車「Ha:mo」を都内100か所の駐車場で乗り捨てできるカーシェアリングです。駐車場も24時間いつでも利用できます。

coms

貸出・返却ステーションは以下をチェック。
https://plus.timescar.jp/tcph/station/list.html

どうやって借りるの?

自転車シェアリングと違って初めて利用する場合は少し日数が掛かりますので注意が必要です。

借りるまでのSTEP

①タイムズカープラス入会する。<WEB登録可能>
②Times Car PLUS × Ha:moの利用規約確認・同意を行う。<WEBより実施>
③スマホアプリ「Ha:mo RIDE」またはPCから利用登録実施
④ステーションで借りる

いくらくらいするの?

車種:COMS    利用料金:206円/15分
車種:i-ROAD  利用料金:412円/15分
※i-ROADは事前講習(講習費¥1.080)が必要。

上記に電気代、保険代が含まれています。

利用シーン例

たとえば、東京駅付近で終電を逃してしまい自宅の江戸川区葛西まで帰る場合

タクシーの場合:
 東京駅から葛西までは約12km。
 タクシーで帰ると深夜料金も加わり6,000円ほど

Times Car PLUS × Ha:moの場合:
 有楽町イトシアで借りて、東葛西のステーションで乗り捨てすると
 所要時間:約40分
 費用:618円

対応エリアはまだ限られていますが、これからステーションは拡大予定とのことですので楽しみなサービスです。

□公式サイト:https://plus.timescar.jp/tcph/

個人間のカーシェアAnyca

どんなサービス?

いわゆるCtoC(個人同士)のサービスであるAnyca。車を貸したい人と、車を借りたい人をマッチングしてくれるサービスです。特徴としては、レンタカーより破格に安く借りることができる場合があるところです。

anyca

公式サイトより引用

どうやって借りるの?

まずAnyca公式サイトよりサービス登録をします。

その後のSTEPは、
①サイトより車を選択し車オーナーにリクエストを送ります。
②オーナーが承認すると予約確定になります。
③予約当日、鍵の受け渡しをして車を借ります。

個人間のやりとりになるので、様々なトラブルが想定されますが、自動車の保険やお金のやりとり、各種トラブルサポートをAnycaを運営しているDeNAが引き受けてくれることになります。

いくらくらいするの?

これはピンきりです。

例えば、フォルクスワーゲン社の「Beatle」を平日24hで1,980円で貸しているオーナーさんもいれば、TESLA社の「テスラModel X 90D」を休日24hで39,000円で貸しているオーナーさんもいます。どこでどんな車をいくらくらいで貸しているかはサイトよりご確認ください。

□公式サイト:https://anyca.net/

レンタカー

でもやっぱり個人間でのやりとりは心配だし、一人乗り用の自動車はなぁ・・・という方にはやはり安定のレンタカーですね。通勤には使えませんが^^;

格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー という全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約できるサービスがあります。レンタカーを借りる場合は、こういったサービスを使うのがいいですね。

 

最後に

いかがでしたか?車や自転車は保有する時代からシェアする時代へと変わってきて多種多様な移動手段が出てきています。

これらのサービスを活用して都内の観光名所を巡る旅もいいかもれしません。

都内の観光名所の記事はこちら:東京再発見!都内近郊で非日常を味わえる遊べるスポットまとめ

いいね!を押して最新情報をGETしよう