健康・美容

シャンプーの正しい方法でハゲ予防【育毛サロンスタッフ直伝】

シャンプー中の男性

先日、育毛専門サロン「バイオテック」に行ってきて、そこのベテランエステティシャンの方に禿げないためのシャンプーの正しい方法を教えてもらったので、写真付きで詳しく紹介します。

私も非常に勉強になったので、実践していこうと思います。

禿げないためのシャンプーの正しいやり方は以下の通りです。

①シャンプー前に髪をしっかりお湯洗いする

頭皮のもみ出し

シャンプー前にしっかり濡らしてお湯洗いで頭皮表面の汚れを落とすことが大切です。

お湯洗いでも、髪や頭皮の汚れを結構落とすことができるそうです。

お湯洗いをしっかりやることで、シャンプーの泡立ちもよくなり、シャンプーの洗浄効果も高まります。

お湯の温度は38〜40度くらいがおすすめです。

熱すぎると頭皮が炎症したり必要以上に脂が落ちてしまって頭皮によくないのでやめましょう。

②シャンプーを泡立たせる

しっかり泡立ててしているシャンプー

シャンプーは、泡だったときに洗浄力がよく発揮されるようにできています。

泡立ちがよくなるように、まずは手をきれいな状態にしましょう。
手が綺麗でないと、泡立ちません。

手を綺麗にしたら、シャンプーを手に取って泡立てます。

十分に泡立ててから髪の毛を洗います。

シャンプー液をそのまま髪の毛につけるのは絶対にやめましょう。

頭皮への刺激が強いだけでなく、液が髪の毛や頭皮にべっとりくっついてしまい、洗い流されずに頭皮に残ってしまう可能性があります。

そうすると、それが薄毛の原因になってしまいます。

③洗うときの力加減はやさしめに

頭皮をきれいにするためにゴシゴシと洗ってしまう男性が多いですが、それは絶対にやめましょう。

強くすると頭皮が傷ついて炎症が起きてしまい、抜け毛につながる可能性があります。

また、新毛などはえたばかりの毛は毛根がまだしっかりしていないので、洗っているときに引っ張られて抜けてしまう可能性があります。

特に新毛が抜けてしまうのは、将来の毛髪減につながり、頭髪の未来に大きな負の遺産を残してしまいます。

泡立ったシャンプーが頭皮に届いていれば、泡の洗浄力で皮脂や毛穴の汚れは落とせるので、強くゴシゴシする必要はありません。

指の腹を使ってやさしくマッサージするように細かく動かしましょう。

このマッサージが頭皮の血行促進にもつながるので、髪の毛が細くなったり、コシがなくなったり、抜け毛が増えたと感じる人には特におすすめです。

シャンプーをしっかりすすぐ

シャンプー、リンスを水でしっかり洗い流し

シャンプーを終えたらすすぎをしっかりしましょう。

シャンプー剤が残ると毛穴の詰まりにつながり、抜け毛の原因となってしまいます。

まとめ

以上、育毛専門サロン「バイオテック」のエステティシャンの方から聞いた、禿げないための正しいシャンプーの方法の紹介でした。

抜け毛が気になり始めた方、少し頭が薄くなってきた、と髪の毛の将来が心配な方はぜひ実践してみてください。

具体的にどのくらいの強さでやるのか、どのくらい泡立てるのがいいのかなどもっと詳しく知りたい方は、以下の育毛専門サロンに行ってみてください。

頭皮チェックとヘッドスパ(シャンプー、トリートメント、育毛剤など)を無料で体験できます。

予約は以下から。
バイオテックの『W無料体験』好評受付中!

店舗は、首都圏だけでも多くの地域にあります。

  • 東京:秋葉原、新橋、新宿、池袋、渋谷、上野、蒲田、吉祥寺、町田、八王子
  • 神奈川:横浜西口、藤沢、溝の口
  • 埼玉:大宮、川口、川越、新越谷
  • 千葉:松戸、柏、千葉、船橋

その他、以下の地域にあります。
北海道、岩手、宮城、栃木、群馬、長野、山梨、新潟、石川、愛知、岐阜、三重、石川、大阪、京都、兵庫、徳島、岡山、広島、福岡、長崎、熊本、大分

いいね!を押して最新情報をGETしよう